債務整理の中で自己破産の場合だけのデメリットとは?

債務整理の方法には、自己破産以外にも、任意整理・個人再生・特定調停など、様々な方法があります。

 

それぞれの方法にメリットやデメリットがあるのですが、その中でも自己破産の場合だけ発生するデメリットについて、解説したいと思います。

 

1.家族にほぼ確実にバレる

任意整理や個人再生など、自己破産以外の債務整理の場合には、弁護士としっかりと打ち合わせをしておくことで、家族にバレずに進めるということも可能です。
ただ、自己破産だけは、財産を没収されてしまうということがあるため、ほぼ家族にはバレてしまいます。

 

2.自己破産の後に一定期間は再び自己破産ができない

自己破産をすると、その後、一定期間(7年ほど)は再び自己破産をすることができません。
…というか、一度自己破産をした後には、もう一度自己破産が必要な状況をできるだけ作らないほうが良いですけどね。

 

3.財産が没収される

これは1つ目でも話しましたが、財産が没収されます。
なので、財産を没収されたくないという場合には、個人再生などを検討するほうが良いかと思います。
個人再生の場合には、財産などを残したまま大幅に借金を減額することができます。
その代わり、3年くらいかけて借金を返済すること自体はやらないといけないですし、家も残したままなので住宅ローンなどは減額できません。

 

4.連帯保証人を巻き込む

自己破産の場合、連帯保証人がいると、そちらに債務がいってしまうことになります。

 

以上が自己破産の場合だけ発生するデメリットなります。
もしこれらのデメリットを受け止めきれないという場合には、任意整理や個人再生などを検討したほうが得策です。